うてな劇・常

大阪を中心に活動する劇団「うてな」に所属する劇団員達の日常をつづる、何でも日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀・おかんの料理

一人暮らしも長くなり、ひとに料理を作ってもらうことのありがたさは十分理解している
しかし、敢えて言おう おかんの料理はカスであると

おぉっと言い過ぎた。食べれることは食べれるし、美味しい料理もあるのだが
いまでも謎の料理があるのだ

私は子供のころ、なぜ卵焼きがお弁当で人気があるのか分からなかった
それが分かったのは、友人と卵焼き交換をした時だった
友人の卵焼きはしっかりだしが利いて美味しかったので、これが本当の卵焼きかと思った。
私がいつも食べている卵焼きはただ卵を溶いて焼いただけで味付けしていないのである
友人は何も言わなかったが、当然申し訳ないと思ったよ
家に帰って、おかんに卵焼きに味付けをするように抗議したが、
その後も卵焼きは前のままで味のない卵焼きのままで今にいたっている
こんなところは頑固なのだ。
でも、俺もへんなところ頑固なところがあるので、やはり似ているのかな

もう一つ、大阪出身なので土曜日の昼はよくたこ焼きをしたのだが、
我が家のたこ焼きはなぜか「こんにゃく」が入るのである
私ははじめ何の抵抗もなかったのだが、他の人から聞いておかしいことが分かった。
他県のたこ焼きに「キャベツ」が入っているので、このことについて私が「たこ焼きにキャベツってお好み焼きか!?」と言うと、「お前んちのこんにゃくの方がありえへんわ」と逆に言われてしまった
もしかして、たこの量をかさ上げするためにこんにゃくを入れて
たこが多くは入っているように見せるためなのか!!
いや、こんにゃくは腹の砂を下ろすとおかんがよく言っていたので、
健康のために入れたのか....
どっちなんだろう....今度聞いてみよう。
でも、たこ焼きに「こんにゃく」はおかしいか!?
スポンサーサイト

« 久しぶりにサッカーについて|Top|週末24日(日) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://utenablog.blog86.fc2.com/tb.php/207-3a3659d0

Top

HOME

utena

Author:utena

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。