うてな劇・常

大阪を中心に活動する劇団「うてな」に所属する劇団員達の日常をつづる、何でも日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年度最後のサッカー観戦日記

かなり時間が過ぎましたが、FIFA CLUB WORLD CUPを観に行った感想を書きます。

座席は全席指定だったので遅く行ってもいいので、スタジアムに1時間ぐらい前に着くように行った。駅からスタジアムに行く途中にオフィシャルグッズが売っていたので買おうと立ち寄ると、ミランの商品は売り切れか売り切れ寸前だったので、マフラー、フラッグ、ストラップを購入した。スタジアムについて席に着くと少し前の方に、メガネ属性のある人なら飛びつくであろう小6ぐらいのポカのユニフォームをきたアルゼンチンのメガネっ娘が踊っていた。しまったことにカメラと携帯すら忘れてしまったので写真に収めることが出来なかった。ポカサポーターには他にも大阪の柄の悪い地域にはよく居る酒やけして赤黒い顔をしたおっちゃんがいた。他にも恒例のマラドーナの等身大ポスターを持ったサポーターがスタジアム内を練り歩いていた。
(これも写真に撮りたかった)

決勝が始まる前に3位決定戦が始まった。浦和サポーターがチャントを歌い始めるとつられて周りのメキシコ人や一部の日本人が歌い始めるのだが、歌詞が分からないのでウォーとかワーと叫んでいるだけだった。浦和は親戚みたいなものなのでチャントも少しなら分かるので、仕方なくチャントを歌ってリードした。
始まってすぐの坪井のクリアミスにはビックリした。どうなるのかな~と思っていたらワシントンがヘッドで2発決めて逆転した。これで終わるかと思ったら都築がボールを後ろにそらしてまさかの同点ゴールを献上してしまった。PKまでもつれたが結局浦和が勝って3位になった。
この試合がワシントンの日本最終戦になるのでワシントンが試合後にスタジアムを一周するときに前の方まで行って、
『ワシントン!!』と叫んだ。
するとワシントンが手をあげて応えてくれて左胸を叩いて浦和のエンブレムにキスをした。
ジーンとして一瞬浦和ファンになりそうになった。

決勝戦はミランのすごさが分かる試合だった。カカなんてマルディニが倒れていたのでボールを外に出すのかと思ったら、ゴールまでドリブルしてそのままゴールを決めてしまうんだからすごいね。席はポカ側だったのでミランサポーターは少なかったが、隣に親子で観戦に来ているイタリア人がいた。息子(といっても30歳ぐらい)は興奮して応援していたが、親はおとなしく観戦していた。親は初老のイタリア人でカッコよく、自分も老人になったらこんな年のとりかたをして息子にワールドカップに連れて行ってもらえたらいいな~と思った。
ミランが優勝した後にその親子に写真を撮ってくれと頼まれたので喜んで撮影した。

071229_052718.jpg


本日、大阪に帰省する途中に天皇杯準決勝(ガンバVSサンフィレッチェ)を静岡で観戦してから帰ります。
スポンサーサイト

« 3月8日|Top|FIFA Clib World Cup Japan 2007 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://utenablog.blog86.fc2.com/tb.php/130-b4579cc7

Top

HOME

utena

Author:utena

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。