うてな劇・常

大阪を中心に活動する劇団「うてな」に所属する劇団員達の日常をつづる、何でも日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ国立へ

よく考えてみると劇団のHPなのに、最近サッカーの話しかしていないな~と思うのだが、それでもサッカーの話をするコバツネです。

10月13日カシマスタジアムまでナビスコカップ準決勝2試合目を観に行きました。
電車を乗り継いでいったのですが、鹿島近くの駅に着くまでサポータにほとんど会わなかったので、人が少ないのか心配したがスタジアムの近くに来るとそれなりにサポーターがいたので少しホットした。
カシマスタジアムもサッカー専用のスタジアムなので、また選手を近くで見えるかもしれないと思って今回はカメラを持参したのだが、柏サッカー場と違って結構ピッチと客席間の距離があり、また席も後ろのほうしかなかったので、カメラで写真をとる機会はありませんでした。
でもカシマスタジアムは立派なサッカースタジアムで、なぜ万博はあんなにショボイのかと思ってしまった。(トラックがある競技場なんだからだけどね)万博にも立派なサッカースタジアムを作ってほしいものだ。
試合が始まる前に、スタジアムの売店でモツ煮を食べたのだが、これがうまかった。今までのスタジアムグルメの中では1番だね。
試合は前半終了前に立て続けにカシマの本山選手に2点を取られて前半を終了してしまった。
準決勝1試合目はホームで1対0で勝っているので、今回は勝つか引き分け、負けても0対1以外の1点差ならアウェイゴール数で決勝に行けるのだが、2点差で負けると決勝にいけないのだ。
このままでは決勝にいけないかもと思ったら、後半すぐに播戸選手がゴールを決めてくれました。やっとサポーターが湧き出したのだが、またすぐに小笠原選手にFKで点を返されてしまい。
また1対3の2点差になったので決勝進出が危ぶまれた。
その後に怪我から復帰したFWのマグノアウベス選手が交代で入ってきたときからはマグノコールでアウェイ側は沸き始めた。とうとうCKでヤットからのボールをシジクレイ選手が頭で合わせてゴールとなり、2対3なのでこれなら決勝進出になるようになった。その後もピンチを耐えて、そのまま終了となり、決勝進出が決まった。
久しぶりに最後まで応援歌を歌い続けたので、のどがカラカラになってしまった。
終了後にやっと播戸選手の『1.2.3.播』を一緒にできたのでうれしかった。
帰りに、たぶん鹿島では海産物がうまいのではないかと思ったので、晩飯は鹿島の店で食べようと思ったのだが、時間がなかったので駅前にあったたこ焼きで我慢した。そのたこ焼きも上にねぎが載ってあって美味しかった。

決勝が決まったので、必ず国立での決勝戦は行かなければと思ってチケット販売を調べたら、ファンクラブ会員に先行発売され、その後一般発売されることが分かった。ファンクラブに入ればいいのだが、2007年度のファンクラブは5月で募集は終わっているので途中からは入れない。しかたないので、一般発売の前に買える方法はないかと探すと、ぴあのプレリザーブを申し込むことを知ってのでプレリザーブを申し込むことにした。またこの申し込み方法がめんどくさくて、まずぴあの会員に登録する。クレジットカードを持っている人ならすぐ済むのだが、私はクレジットカードを持たない人なので、そういう人はPちょコムという電子マネーを開設しなければいけいので、Pちょコムにも申し込んで3000円をセブンイレブンで貯金できるように手配して、セブンイレブンでお金を払いにいった。やっとプレリザーブができたのだが、これからもこの調子だといやなので、2008年度のガンバファンクラブに入会することにした。
これで来年からはチケットのことで悩むことがなくなりそうだ。
スポンサーサイト

« サッカー観戦(清水エスパルス戦)|Top|サッカー観戦 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://utenablog.blog86.fc2.com/tb.php/123-88d4715d

Top

HOME

utena

Author:utena

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。