うてな劇・常

大阪を中心に活動する劇団「うてな」に所属する劇団員達の日常をつづる、何でも日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー観戦

包帯クラブと白装束集団の違いが分かりませんでした...コバツネです。

10月6日柏レイソルVSガンバ大阪戦を日立柏サッカー場まで観に行きました。
入場券を発売日の三日後に購入したのですが、そのとき既にアウェイ側ゴール裏の席はなく、バックスタンドのアウェイ側の席もなく、しかたなくバックスタンドの中央前方の席を購入していた。
柏サッカー場に着いて指定席についてみると、恐れたいたとおり回りはほぼレイソルサポーターに囲まれてしまった。
試合が開始するとレイソルサポーターからの野次がすごく飛び交った。
特に元柏レイソルの明神選手と遠藤選手に対しての野次が多かった。
その中でも私の少し後ろの席にいた女性が一人だけガンバの応援しているのには驚いた。いやー、私にはあの場所でガンバの応援できる心臓を持っていません。心の中で「一緒に応援したいけどできなくてすみません」と呟いた。
でも、この席でよかったのは試合がよく見えることと、ちょうどセンターライン付近だったので、選手が試合中にコートの横まで来て水を飲みに来るときにすぐ近くまで来てくれるので、選手が真近で見られることでした。(ここもサッカー専用スタジアムなのでサッカーコートと座席が近い。また、ゴール裏の席でも前にネットがなく、いつボールが飛んでくるかも分からない状態だった。)
なので、加地選手や遠藤選手、寺田選手が真近で見れた。しかし、またしてもしまったことにカメラを持ってこなかった。
試合は前半、バレー選手に得点チャンスが3回ほどあったが得点できずに前半で故障して後半播戸選手に交代した。その後半早々にレイソルのフランサに豪快にシュートを決められた。(レイソルはフランサだけが跳びぬけて旨く他は普通といった感じだった)
少し負けムードになりかけた時、加地のクロスに播戸が頭で合わせてゴールを決め、その後すぐに寺田がゴール前で倒されてPKを獲得し、遠藤(PK職人)がPKを決めての逆転勝利だった。
でも、喜びたいけど喜べない状況で、アウェイ側ゴール裏では播戸選手が『1.2.3.播』をサポーターと一緒に叫んでいた。(羨ましかった)
次週はナビスコカップの準決勝にカシマスタジアムまで行きます。このときはゴール裏の席なので、今度は一緒に『1.2.3.播』がしたいですね。

次の日に包帯クラブを観に行きました。
映画館を探してみると、案外小さい映画館でした上映されたないんですね。
近くにある映画館は渋谷のラブホ街にある映画館しかなかったのでそこで観た。
最近みた映画のなかでは良かったので、なぜもっと大きい映画館でしないのか不思議に思った。(最近みた映画といっても、生身の人間なら必ず死ぬ状況でも死なないダイハード4.0ぐらいしか見てないけどね)
また、観た後にパンフレットを買おうとしたら売り切れていたのにもびっくりした。どんだけ売れない映画と予想していたのだろうか...
しょうがないので通販で購入しました。
買えないと分かると、どうしても買いたくなるコバツネでした。
スポンサーサイト

« いざ国立へ|Top|スポーツ観戦(結果) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://utenablog.blog86.fc2.com/tb.php/122-a1c6aabb

Top

HOME

utena

Author:utena

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。